読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

爆弾抱え微笑んだり

たぶんもうあと一ヶ月は取れないであろう三連休(1ヶ月後取れるかという確約も無い)最終日の今日何してたかを話しますね。興味無いなら見んなボケ。

今日は6時半くらいに起きた。夕方の。終わってる。人としての尊厳。無限に二度寝してしまって起きたのがこの時間よ。もう何も出来ねえ。そう悟ったわたしはとりあえずiPhoneをぽちぽちしてた。1時間くらい。そのうち昨日まで晴れてたのに外で雨降ってることに気付いた。頭が痛いのはこのせいだったんだなと思いつつ、起きる気も何か食う気もしなかったんでそのまま寝っ転がってiPhone見詰めてた。

8時前くらいか過ぎくらいか母親からLINEがきて、何故か無性に苛立った。そのうち色んなことに腹たってきた。あらゆることが癪に障った。ケチつけられるもん全部にケチつけようみたいな変な気分だった。クレーマーと同じ心理かも。でもわたしは誰にも言わない。ツイートするだけ。誰かの心を直接傷付けるのクソ怠いからね。正気に戻った時のアフターケアも含め。そういう感じで飲み込んできた不満や不安がいつもいつの間にか自分の中で小さく爆発してる。

そのあとポストの中を見に行って、溜まったチラシを見て溜め息ついてぐしゃぐしゃにしてアパートの外に出た。真っ暗だった。春雨は冷たくて細くて痛かった。空を見たらどんよりとした灰色の雲が空を覆うみたいに広がってて、何かすごく嫌な感じになったのに、とても安心した。ずっとこうしてられたらいいのになっておもった。夜の空見上げながらぼーっと佇んで生きていけたらなーっておもったけど、普段人通り少ないのに向こうからひとが来るのが見えて、狂人扱いされても困るから部屋の中に入った。案の定うちのアパートの住人だった。階段を登っていくヒールの音を聞いてから、手に持ってたチラシをゴミ袋の中に入れた。

それからご飯を炊いて、その間に冷凍バナナを風呂場に持ち込んでシャワーを浴びた。米津玄師のシンデレラグレイを何となく口ずさんでいたけど、泣きそうになってしまったのですぐやめた。髪と体を洗ってから冷凍バナナを食べた。ちょっと溶けててシャーベットみたいで美味しかった。

お風呂から出て映画でも観ようかなとおもったけど面倒臭いし明日仕事だから夜更かし出来ないし、おそ松さんも今配信中のは全部見終わっちゃったしで、特にすることもなくて、この寝るまでの短時間でじぶんの何かを埋めるものも見付からなくて、いまはワイパックス眠剤飲んで何となくこれを書いてる。

昨日、わたしがアプリで何となく作曲してみた
24小節程度の曲を聴いてた。クソみてえな音だなとおもってアプリを閉じた。

始まるものは終わるし終わったものはまた形を変えて始まる。
わたしの日常です。